Inet coop saitama 生活協同組合アイネットコープ埼玉

0120-471-159

土・日・祝日も受付しています。営業時間9:00〜18:00

ネットからのお問い合わせ

オリジナルシーラー

コープオリジナル超耐候シーリング材
ノンブリードタイプ「コープジョイントタフ」

アイネットコープ埼玉では一番大切な下地処理にこだわります!

風や雨、厳しい気候にさらされるお住まい。少しでも長く、快適に守りたいものです。お住まいに特化した生協であるアイネットコープ埼玉は、お住いを守る下地剤にもこだわりました。
住宅に欠かせない目地材であるシーリング材も、耐候性が非常に高く、雨風に強い材質をご提供。大切なお住いをしっかりと守ります。
また、ジョイントタフは、コープオリジナル塗装との適応性も確認済みです!

コープオリジナル超耐候シーリング材

シーリングの役割とは

住宅の外壁には、サイディングやALCといった外装材が使われているのを耳にしたことがあるでしょうか。外装材は、一枚の壁ではなく、複数のパネルやボードをつなぎ合わせて外壁を覆っています。

どんなにきれいに張り合わせても、パネルやボードには隙間ができてしまうため、この隙間を埋める必要があります。この隙間に充填されるのがシーリング材で、外壁の隙間から水などが侵入することを防ぐとともに、パネル同士の膨張や変形による衝撃を吸収する役目も担っています。また、モルタル壁等のひび割れを補修するのにも使用します。

外壁から躯体へと水や汚れが侵入すると、お住まいの寿命にも影響しますので、シーリング材をしっかりと施工することはとても重要です。シーリング箇所の劣化を見落とさず、早めに修繕することをおすすめします。

  • パネルや
    ボードの
    隙間の防水

  • 経年による
    材質のゆがみを
    吸収

  • 湿度や温度に
    よる材質の
    膨張を緩和

コープジョイントタフの特徴

耐候性能が非常に高く、長期間お住まいを守ります!

下図は、促進耐候性試験による、促進劣化試験結果です。推定年数約15年に相当しますが、コープジョイントタフはほとんど変化がないことがわかります。非常に暴露条件に強いシーリング材です。

一般的なシーリング材 コープジョイントタフ

ノンブリードタイプのシーリング材で汚染や品質の低下を抑制します!

作業性改善や柔軟性向上の目的で、一般的なシーリング材には「かそ(可塑)剤」という添加物が配合されています。可塑剤は時間の経過とともにシーリング材の中から染み出します。

これがブリード現象です。ブリード現象が起こるとその部分に大気中の汚れが付着し、品質の低下など、建物の外観を損なう影響を与えます。コープジョイントタフは、この汚染や品質低下を生じさせないノンブリードタイプのシーリング材です。
ノンブリードタイプは、汚染されにくいので住宅目地の美観を長期的に保ちます。さらに、可塑剤が抜けたシーリング材からは柔軟性が失われ最終的には剥離や亀裂部分からも侵入しますので、劣化しにくいノンブリードタイプは住宅保護の観点からも最適なシーリング材です。

一般的なシーリング材 初期→中期 可塑剤が抜け出す→長期 硬くなり亀裂発生 コープジョイントタフ 初期→中期 変化なく柔軟 長期 いつまでも柔軟

カラーラインナップ

カラーラインナップ グレー ホワイト

※特注色も別途対応可能です。
※上記見本と実際の製品とは色調が若干異なる場合があります。

プライマー

コープジョイントタフ専用ウレタン系プライマー。各種被着材に幅広く対応。

プライマー

ページの先頭へ